お葬式は悲しみを受け止めるグリーフワークの一つ

近年、お葬式前の準備は病院の看護師や葬儀社が代行していますが、自宅で亡くなるのが一般的だった頃には臨終の際に唇を末期の水で潤したり、水に熱い湯を入れた逆さ水で遺体を清めたり、慣例に従いながら死装束に着替えさせたりする作業も遺族がしていました。
お葬式の後も葬送儀礼は続き、仏式では初七日や四十九日と続いていきます。
しかし、今は多様なライフスタイルを送る人々が多く、何度も集まるのは困難な時代です。
そのため、火葬後、初七日まで済ませてしまうことも多くなっています。
キリスト教の場合、明確な決まりはないですが、故人の死後3日目や7日目、30日目など節目に追悼ミサをおこなうことが多いです。
こうしたお葬式を含む一連の葬送儀礼は、遺族が大切な人の死を受け入れるために欠かせないプロセスになります。
故人の想い出とともに生きていくためにも大切なグリーフワークとなります。
死を受け止めるというのは信仰のある人でもなかなか難しいことで、お葬式とは無宗教の人であっても喪失感を埋めるために必要な作業です。

ブランドイメージを確立させるHP
をお作りします

タオバオ・アリババからの代行
もご用命ください

今の時代はお寺がなくても葬儀安心

家族がなくなってしまった場合、お墓はまだあとでも良いと考えていたら、ある日突然ということもあります。
そんな時には、葬儀社も寺院を紹介してくれるシステムがあります。
葬儀社も、今は費用をかけないスタイルが主流ということもあり、寺院も定額なお布施で済むようにしているところもあります。
お布施の金額というのは、透明な部分ではないので、不安になりがちです。
しかし、今はそこを明確にして安心の低料金で提供をしています。
火葬プランや一日葬に家族葬プランに対して金額はそれぞれ違いますが、普通にお寺にお願いするとけた違いの金額で受けてもらえます。
戒名授与も高額な金額が普通とされていますが、火葬式に対しては6万円以内で受けてもらえます。
ただし、御車代やお膳代は別途かかりますが、それでもさほどの金額ではありません。
葬儀は費用をかけないのがスタイルと共に、お布施も費用をかけないスタイルへと変わってきています。
今の時代だからこそ、できる事なのでしょう。